Manufacturing製造

100%自然主義のパパイア発酵食品

100%自然主義のパパイア発酵食品

カリカセラピ SAIDO-PS501の原材料となるのは、パパイアの未熟果の中でも、野生で育ちぬいたエネルギーの強い果実を厳選したものです。野生ですので人の手が入ることはなく、また無農薬で非遺伝子組み換えの物のみが原料として使用されます。

採取されたパパイアからは単一成分の抽出や化学的処理を一切行っておらず、他の物質を混合および増量もしておりません。
100%自然主義のパパイア発酵食品です。

限られた地域の、未成熟の青パパイア

大自然の宝庫フィリピンは、良質の野生パパイアの群生地でもあります。私たちはここフィリピンで理想的なパパイア発酵食品をつくり出すための研究をスタートさせ、何度も試作とテストを繰り返し、最良といえる原料や製法を突き詰めてきました。熟して色づいたパパイアよりも、未成熟の青いパパイアの方が、パパイア発酵食品の原料としてふさわしい。この結論も、こうした取り組みを通してあきらかになったことのひとつです。
また、この地域に自生する野生のパパイアは、他のどのパパイアを原料としたときと比較しても群を抜いてパパイア発酵食品の素晴らしい特性を引き出すことが確認できました。いわゆる農作物として栽培されるパパイアではなく、この島で採れる野生のパパイア。
それも未成熟の青パパイアでなければ、カリカセラピSAIDO-PS501の素晴らしさは引き出せません。

現地スタッフとの協力体制

野生のパパイアは計画的な栽培によって生産が可能なものではありません。そのため、原料を安定的に確保するためには、大変な人手と手間がかかってしまいます。私たちカリカセラピ株式会社は、長い時間をかけて大勢の現地スタッフと信頼関係を築き上げ、協力体制を確立してまいりました。この現地スタッフとの協力体制により、原料には100%すべて、この地域に自生する青パパイアの良質なものだけを使用することが可能となったのです。

高い発酵技術と、厳しい品質管理

パパイアは発酵という工程を経ることで、本来持っている潜在力が高められます。発酵という技術は、非常に繊細で難しい工程管理が要求されます。同じパパイア発酵食品であっても、発酵の工程によっては製品の品質に大きな差がでてきてしまうのです。カリカセラピ株式会社では、独自の発酵技術と厳しい品質管理能力を有する専用の製造ラインを設け、責任をもって製品化を行っております。それぞれの工程では製造担当者による厳重な品質チェックが行われています。

品質は人の質、品質は心の質

フィリピンで収穫されたパパイアは、皮も実も種も全て丸ごと使用。現地で一次発酵された原料は、日本国内のカリカセラピ株式会社日本工場で二次発酵され、熟成、乾燥、さらに熟成されます。3年以上をかけたこれらの行程を経た後、充填・箱詰めされてカリカセラピSAIDO-PS501は完成します。品質はメーカーの命。「絶対、気を抜いてはいけない、品質を落としてはいけない、丁寧に心を込めて大切に扱うこと」をいつも心がけています。