Product製品について

青パパイア発酵食品 カリカセラピSAIDO-PS501について

青々としたパパイアに秘められた驚きの生命力。

みずみずしい緑色が目にまぶしい完熟前の青いパパイア。
成長期の栄養がみなぎっていることから、なんとマヤ文明の時代より、メディカルフルーツとして大切にされてきました。なかでも、フィリピンの島の原生林に自生する野生の青パパイアにはひときわ旺盛な生命力が備わっています。
その貴重な青パパイアのすばらしいパワーをまるごと生かしたのが「カリカセラピSAIDO-PS501」なのです。
カリカセラピはパパイアの未熟果の中でもエネルギーの強い果実を厳選し、果皮・種子・果肉からの果汁を丁寧に取り出し、酵素、乳酸菌などを加え、発酵・熟成・自然乾燥させています。

パパイア
パパイア

皮も種も丸ごと使ってじっくり発酵・熟成させます。

野菜や果物の栄養成分は果肉はもちろん、皮や種にも豊富なことをご存じですか。だから「カリカセラピSAIDO-PS501」は、皮付き種つきのまま丸ごと使います。 収穫した青パパイアは新鮮なうちに現地の工場で一次発酵。さらに日本国内で、1年以上の歳月をかけてじっくりと発酵・熟成させていくのです。時間をかけて発酵・熟成させるほどに、ぎゅっと凝縮される青パパイアのエネルギー。現代人に必要なものがきっとここにあります。

多くのご愛用者様に長年愛されています。

「カリカセラピ-PS501」は発酵によって生まれたさまざまな100種類以上もの天然成分が現代人の健康をサポートします。甘くて美味しく赤ちゃんからご年配の方まで、いつでもどこでもとっさのときでもお手軽にお召し上がりいただけます。

CARICA CELAPI

カリカセラピは数々の特許を取得しています。

特許は、高度で有用な技術的工夫を発明として、国が発明者に対してその発明の独占を認めることをいいます。
そのため、競合他社のコピー商品を排除し、自社の「本物」の製品を安心して購入していただくことができます。

1パパイア果実発酵物の製造方法

発明の名称 パパイア果実発酵物の製造方法
特許権者 カリカセラピ株式会社
発明者 今尾 充子、花山 一芳
特許番号 特許第4036385号
出願日 平成19年2月19日(2007.2.19)
登録日 平成19年11月9日(2007.11.9)
特許証

2パパイア果実発酵物及びパパイア加工食品

発明の名称 パパイア果実発酵物及びパパイア加工食品
特許権者 カリカセラピ株式会社
発明者 今尾 充子、花山 一芳
特許番号 特許第4694547号
出願日 平成19年9月27日(2007.9.27)
登録日 平成23年3月4日(2011.3.4)
特許証

弊社は2016年10月2日に株式会社済度からカリカセラピ株式会社へ社名を変更いたしました。
特許証の画像は社名変更以前の物となります。

カリカセラピの研究成果は学会や論文で発表されています。

カリカセラピSAIDO-PS501は製造当時から大学や公的な研究機関でカリカの有用性や安全性などを科学的に証明するための研究を行っています。
完成された最終製品の研究を継続して行っており、国内外の学会や国際学会誌で研究論文発表を行っています。

特許証